トップ > 2021ワークショップ講演

五色山公園芸術の森アートワークショップ・講演会のお知らせ


令和3年(2021)10月30日(土)31日(日)に五色山公園芸術の森にて
アートワークショップ・講演会を開催いたします。

ワークショップ・講演会への参加希望の方は、
高浜まちづくりネットワーク 0770-72-2740まで
申し込みをお願いします(定員数に制限があります)。

最新の情報は高浜町ホームページ
http://www.town.takahama.fukui.jp/page/sanngyousinnkou/p006789.html
またはページID:6789をご確認ください。

海からのメッセージ、海へのメッセージ(講師:金明姫さん)

【日時】 10月30日(土) 10時~ 2時間程度
【費用】 500円
【内容】 青葉山から川を下り内浦湾へやってきた石を五色山公園施設内の海で探します。海にはいろいろなカタチの石が沢山!見つけたお気に入りの石と和紙を使って、思い思いの作品を作ります。
【工程】 五色山公園施設内の海で石を見つける。海で自己紹介,ワークショップ内容説明 → ワークショップ会場へ戻り、和紙を使い絵や自分だけのお手紙を書く → 海で見つけた石を和紙で包む → 作品完成
完成した作品は、五色山公園「匠の美術館」で11月の間、展示させていただきます。
金明姫さんの紹介
・韓国 ソウル生まれ 高浜町今寺在住
・韓国、日本を始め、世界各地で個展を開催
幅広く'美'を求めて制作を続けながらライフワークとして、2000年からピースマスクプロジェクトをアジア、北米、ヨーロッパ等で講演、展示、ワークショップを通じ、広げている。2007年スペイン、2008年韓国ノクンリ平和公園、2014年立命館平和ミュージアム、2015年カナダ、2018年カンボジア、2019年京都精華大学校で講演、ワークショップ、展示。2017年17ヵ月間をかけて被爆者100人ピースマスク完成。
高浜町で活動する「観自庵プロジェクト」代表

ワークショップ・講演会への参加希望の方は、
高浜まちづくりネットワーク 0770-72-2740まで
申し込みをお願いします(定員数に制限があります)。

サイアノタイプ(青写真)に挑戦!(講師:シュヴァーブ トムさん)

【日時】 10月30日(土) 13時~ 2時間30分程度
【費用】 500円
【内容】 サイアノタイプは19世紀に発明された写真技法です。カメラを使わずに対象物を感作した用紙に直接置き、太陽の光で露光させるというこの技法はフォトグラムとも呼ばれます。今回のワークショップでは、五色山公園で見つけたものや、ご自身でお持ちいただいたものを使いサイアノタイプの世界を楽しみます。
【工程】 自己紹介,ワークショップの内容説明 → 用紙に薬品を塗る → 外で写真にする植物などを見つける → 見つけたものを用紙に並べる → 日光の光を使って露出 → 水で現像 → 完成

写真初心者の方もご気軽にできます!(小さいお子様は大人の方と一緒にご参加ください。)

日光を使用するため、天候によってはプログラムの内容が一部変更になる可能性があります。

使い捨てエプロン-手袋等を用意しておりますが、当日は念のため汚れてもかまわない服装でお越しください

シュヴァーブ トムさんの紹介
・チェコ共和国・プラハ市生まれ
・政治的背景のもと、6歳の時に家族と共にカナダへ移住する。エミリーカー芸術大学にてアート写真を専攻後、バンクーバー美術館にて美術写真家として従事する。2007年より京都に移住。23AF STUDIOを設立し、写真作家としての活動と並行してアーティストや主に美術館、ギャラリーでのアーカイブス制作、デザイン等に携わっている。作家活動では、写真を様々な視点から表現することの可能性に興味を持ち、作品を通してその奥深さを伝えることにつとめている。彼の作品は、これまでアジアやカナダのギャラリーにおいて展示されており、モントリオール銀行、シティバンク、サルベーションアーミー、知恩院、大津びわこ合同庁舎他で収蔵されている。

ワークショップ・講演会への参加希望の方は、
高浜まちづくりネットワーク 0770-72-2740まで
申し込みをお願いします(定員数に制限があります)。

絵を描いてオリジナルTシャツをつくろう!(講師:松浦つかささん)

【日時】 10月31日(日) 13時~ 2時間程度
【費用】 500円
【内容】 自分の好きな絵を描いてオリジナルTシャツを作ります。絵のサイズや転写する位置も選べます!
【工程】 自己紹介,ワークショップの内容説明 → Tシャツのデザインになる絵を描く → アイロンを使って、描いた絵をTシャツに転写する → 作品完成
【持ち物】 つくりたいサイズのTシャツ(白っぽいもの)
松浦つかささんの紹介
2000 ギャラリー三条ミニアチュール展、京都彫刻家協会展、BOX美術館 ART楽市 京都彫刻家協会京都植物園野外展、神戸国際会館KOKOMIC GALLERY 比良美術館展 、ギャラリー三条
2001 ギャラリー三条ミニアチュール展 、ART楽市、京都彫刻家協会展、京都彫刻家協会京都植物園野外展
2002 ギャラリー三条ミニアチュール展(企画展)、ニューヨーク・オープンスタジオ展
2003 ニューヨーク・Pleiadesギャラリー(企画展)
2004 ギャラリー和楽(個展)
2005 ギャラリー夢雲(ムーン)(企画展)
2006 綾部オープンスタジオ展(個展)
2007 綾部T展、舞鶴自然文化園(企画展)
2009 ギャラリーSun・Moon(個展)、綾部交流プラザ(グループ展)
2010 ギャラリー佐野(個展)、ギャラリーSun-Moon(個展)、ギャラリーSun-Moon(企画展)
2011 波田須アートフェスティバル、ギャラリーSun-Moon(個展)
2012 ギャラリーArtislong(グループ展)、T展(グループ展)
2013 うるはし展(企画展)、たからの里Exihibition(企画展)
2014 ギャラリーArtislong(グループ展)、T展(グループ展)
2016 ギャラリーSuu・Moon(企画展)、旧来住家四人展(グループ展)
2017 御影スペース31(個展)、綾部ギャラリーカフェ日々(個展)
2018 神戸うろこの家(企画展)
2019 御影ギャラリーspace31個展、奥上林アトリエ クロージングパーティ
2020 御影ギャラリーspace31 企画展
<受賞歴>
1978 第31回 創造美術協会展 新人賞
1979 第32回 創造美術協会展 奨励賞
1981 第32回 奈良県展 県展賞
1982 第33回 奈良県展 美術振興会賞

ワークショップ・講演会への参加希望の方は、
高浜まちづくりネットワーク 0770-72-2740まで
申し込みをお願いします(定員数に制限があります)。

講演会-京の玄関先、福井(講師:エバレット・ケネディ・ブラウンさん)

【日時】 10月31日(日) 16時~ 1時間程度
【費用】 無料
【内容】 写真家エバレットさんが感じる日本・京都・ そして福井について、独自の視点から講演いただきます。幕末期の技法で ある「湿板光画」で撮影する写真についてもお話しいただけるかも!
エバレット・ケネディ・ブラウンさんの紹介
1959年アメリカ生まれ。1988年に日本移住。
京都ジャーナル寄稿編集者、文化庁長官表彰(文化発信部門)受賞者、首相官邸や経済産業省クールジャパン官民有識者会議委員、諸省庁の文化推進カウンセラーを務める。公家の近衞忠大さんらと設立した会所プロジェクト理事、京都府観光推進顧問、 IBMビジネス&カルチャーリーダー会議の世話人、日本文化デザインフォーラム幹事、駐日米国大使館写真講師などを務める。著書に『俺たちのニッポン』(小学館)、『日本力』(松岡正剛氏との共著・パルコ出版)、『Japanese Samurai Fashion』(赤々舎)など。現在は、福井県のふくいブランド大使。
大型の8×10のカメラを用い、フィルムではなく湿板に造影する 「湿板光画」と称される技法で写真を撮り続けている。この技法は、まさに幕末の黒船時代と同じ古式ゆかしい写真技法であり、世界的にも極めて珍しい。

ワークショップ・講演会への参加希望の方は、
高浜まちづくりネットワーク 0770-72-2740まで
申し込みをお願いします(定員数に制限があります)。

8acf8cf58ba689ef01.jpg 8acf8cf58ba689ef02.jpg